トップ / 歯周病菌の怖さについて

歯周病菌の怖さについて

歯周病の事について

メンテナンス

歯周病は全身に影響を及ぼします

歯垢1gには1000億もの菌が存在します。便1g当たりの菌は100億から1000億なので、便よりも歯磨きをしていない口の中の方が汚いのです。この菌の中には、歯周病菌も存在します。この菌は、歯だけの問題ではなく全身に影響を及ぼします。菌が誤嚥によって肺に入ると肺炎を引き起こすこともあります。糖尿病の人は、インスリンの働きが悪くなり糖尿病を悪化させやすいのです。加えて糖尿病の人は細菌感染を起こしやすいので歯周病になりやすく、悪循環に陥りやすいのです。毎日の歯磨きと定期的なチェックが大切です。

違和感が全くないインプラント

インプラントの最大の魅力と言えるのが周囲の歯と同じように並び、とても綺麗で噛むのも力強く、全く違和感なく過ごせる所にあるでしょう。従来の入れ歯であれば、がたつきがあったり、噛む力が均等にならなかったりと違和感を感じて気持ち悪く感じられた方が多いかもしれませんが、インプラントは全くそんな事がなく、人工歯根を埋めていますので自分の歯のように扱えて違和感を感じさせません。噛む力だけではなく見た目の綺麗さや違和感なども考えられています。

↑PAGE TOP