トップ / インプラント治療の正確性

インプラント治療の正確性

インプラントの手術は

メンテナンス

リスクが低いインプラント手術

以前のインプラント治療の手術において、人工歯根を埋め込むときの手順としては、口の中を切開して歯科医が埋め込む顎の位置を目視で決めてその位置にドリルで穴を開けていたといわれています。それは人間の感覚に頼る作業でちょっとしたことでミスが生じてしまうというリスクの高い手術となっていました。こんにちでは大きく切開するということもなく、穴を開けるドリルをガイドする医療器具を用いてインプラント体を埋め込む穴を開けることができるので、とても正確なものになりリスクが低い手術となっています。

インプラントならしっかり噛める

入れ歯でお悩みの人にはインプラントがお勧めです。固いものが噛めない、食事が美味しくない、上手く話せないなど、悩みはたくさんあるでしょう。そのような方は、歯科でインプラントの相談をしてみてはいかがでしょう。実行の歯を直接歯茎に埋め込むので、自分の歯と同じように噛むことができます。取り外したりといった面倒なメンテナンスも必要なく、まるで天然の歯のようです。見た目も美しく、まるで自分の歯茎がよみがえった気にさえなることでしょう。

↑PAGE TOP